2018年07月14日

セキュリティ診断&マルウェア駆除の【SiteLock】のご紹介

Webサイトを運営している皆さんの中でサイト運営のセキュリティーに気を配っている方はいますか?世界中でサイバー犯罪が横行している昨今、日本でも確実に被害を受けるサイトが増えてきています。個人でサイトを運営している方は特にしっかりとした備えをもって、サイト運営を行っていかなければいけません。

13572055_s.jpg

企業やサイトを運営されている方は、お使いになっているシステムの脆弱性に気を配る必要があります。現在は、システムやwebページの脆弱性について診断・保護してくれるツールを提供している会社がいくつも存在します。

GMO7.png

今回は、おすすめできるwebセキュリティサービスとして、GMOクラウドの「「SiteLock(サイトロック)」をご紹介させて頂きます。セキュリティーサービスの特徴やコストを考える事で、環境にあったサービスをご検討ください。

・GMOクラウドの「SiteLock(サイトロック)」とは?
Webサイトの安全面を確保するWebセキュリティサービス「サイトロック」は、WordPressやオープンソースのCMSツールで構築されたWebサイトの脆弱性を定期的に診断し、更に不正な改ざんやマルウェアの検知・駆除も行える、セキュリティ診断サービスです。診断の範囲や項目、頻度等に応じて選べる全4プランを月額350円からご提供しています。各種の代表的なセキュリティサービスを包括的に兼ね備えている事から、多くの個人ユーザーが活用しています。更にワンコイン500円でおつりがくる、月額350円という価格設定が特徴と言えます。




予算やWeb環境に合わせたものを選んで、
安心できるサイト運営に取り組んでみては如何でしょうか。
posted by Makik at 10:56| Comment(0) | 外貨MMFについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

第一章:MMFとはなんなの?

証券会社などで販売されている円貨のMMFはMoney Management Fundの略で、
格付けの高い金融商品で運用する追加型公社債投資信託の一種で、
安全性が極めて高いのが特徴です。
いつでも購入、換金できますが、30日未満で解約する場合には、
信託財産留保額(1万口/10円程度)が差し引かれます。

Yahooショッピングへ

posted by Makik at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨MMFについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

第二章:外貨MMFとはなんなの?

外貨MMFのMMFは、Money Market Fundの略で、
海外の投資信託会社によって外貨で運用される公社債投資信託です。

円貨MMFと同様、格付けの高い債券などで運用される為、安全性は極めて高く、
外貨預金と比べても高金利です。

外貨普通預金のようにいつでも換金でき、円貨MMFと異なり30日未満で解約しても
信託財産留保額が不要なのが特徴です。

posted by Makik at 14:35| Comment(0) | 外貨MMFについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第三章:外貨MMFの利子の仕組みは?

外貨MMFは円貨MMFや外貨普通預金よりも高利率で運用される事が多いです。
利子は毎月末に支払われ、税金が徴収された後に自動的に再投資されます。
また、月の途中で解約した場合、評価額が利子相当分高くなっているので損はしません。

posted by Makik at 14:34| Comment(0) | 外貨MMFについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第四章:外貨MMFの為替レートってどうなってるの?

外貨MMFの購入、売却に適用される為替レートは、
外貨預金に適用される為替レートとは異なり、為替手数料が小さくなっています。
取扱業者にもよりますが、通常、米ドルで為替手数料が0.50円〜0.25円と、
銀行における仲値為替レート(1円)の半分以下です

posted by Makik at 14:33| Comment(0) | 外貨MMFについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする